公式ゼミ長への依頼

ファーストペンギン大学では、「ゼミ」という仕組みがあります。

ゼミは、Facebookのチャットグループを中心にチーム編成し、あるテーマの教材をチーム全員で共有しながら、1か月間のグループワークを行うという学習制度です。

上記の図のように、

1)みんなで実践できそうな教材を見つける

2)メンバーを募集する

3)イベントページとグループチャットを作る

4)チームで目標宣言や情報共有などしながら実践する

という流れで、生徒自身でグループワークを運営する仕組みです。

このゼミ制度は、生徒自身で「こういうゼミをやりたい!」と思ったら、だれでもゼミ長になって好きな教材でゼミを運営することができます。

例えば過去にも

すごい自己紹介という本を教材に自己紹介を磨いていくゼミ

ブロガーの記事を教材にツイッターのフォロワーを増やしていくゼミ

神速スモール起業という本を教材にゼロからサービスを企画してお金を稼ぐゼミ

など様々な教材で実践されてきました。

ただし、ゼミの開催頻度と品質の担保のため、大学側で「公式ゼミ」も毎月いくつか企画して開講しています。

そこで、公式ゼミで「ゼミ長」を担当してくれるメンバーを募集しています。

公式ゼミのゼミ長依頼 詳細

報酬:10,000円/月(税込み)

責任感を持って運営していただきたいので、お仕事として発注する形となります

期間:1ヵ月~最大3か月

ゼミは基本的に1か月で解散です。1ヵ月単位のゼミを1回~最大3回連続で開講いただきます。(教材やテーマによって調整しますので、個別で打ち合わせをして決定します)

お仕事内容:メンバーサポート+記事作成

主な業務内容は、ゼミに集まったメンバーが教材をうまく実践できるようにサポートすることです。進め方に明確なルールはありませんので、他のゼミの事例などを参考にしながら、「参加したメンバーが楽しめて、かつ成果を出せること」を達成してください。

加えて、1ヵ月単位でゼミが終了するたびに、「参加メンバーのビフォーアフター」を記事にしてもらいます。ゼミに誰が参加していたのか、そしてどのような変化が起きたのかを報告してもらうようなレポート記事だと考えてください。

詳細については、大学側でサポートしながら随時質問してもらったり、相談に乗っていきますのでご安心ください。

ゼミ長に必要な条件:関連する商材を持っていないこと

例えば、「ツイッターのフォロワーを増やす方法」という教材を利用してゼミを開講する場合に、ゼミ長が「ツイッターコンサル」や「ツイッターの運営ノウハウ動画」などの商材を自身で販売している場合はNGです。

つまり「ゼミで扱う教材に関連する商売をやっていない」ことが条件になります。

これは、「自分が専門家として商品を持っていると、講師のような立場になってしまい、周りがその人に依存するから」です。あくまで、「ともに同じ立場で実践する」というのがメインです。

ゼミ長に期待すること

ゼミ長には、特別な専門知識は求めません。扱うテーマに関しての実績も必要ありません。みんなが活動しやすいように、ファシリテーターのような立ち位置を期待しています。もちろん、自分自身も積極的に教材を実践して成果を出して背中を見せてもらうのは大歓迎です。

イベントページを創ったり、グループチャットを創ったりという実務的な作業を行う。

目標設定のためのミーティングを促したり、報告会などを企画して活動を円滑にする。

など、「教える」のではなく、「みんなの活動を円滑に進行する」ようなイメージです。ワークショップの班長みたいな役割だと考えてください。

どういった流れでファシリテーションを行うと円滑に進行できるか?という部分も、相談に乗りながら大学側でサポートしていきます。

専門知識や実績よりも、人の役に立ちたい!誰かをサポートしたい!その中で自分自身も成長したい、成果を出したい!という気持ちや情熱のある方にお任せしたいと考えています。