大学の使い方その1:稼ぎ方名鑑を参考に、目標を決めよう!

入学したら、まずは「稼ぎ方名鑑」を見て、自分がどんなお金の稼ぎ方を目標にするか決めましょう!稼ぎ方には相性があります。あなたと相性の良い稼ぎ方が見つかるまで、何度でもトライしてみましょう!

大学の使い方その2:ペンギンズテレビで稼ぎ方のイメージを固めよう!

大学では平日のお昼12時15分~12時45分に「ペンギンズテレビ」という番組を生放送しています。成果を出している生徒にゲスト出演いただき、クイズなどを織り交ぜながら楽しくビジネスについて学んでいける「視聴者参加型」の番組です。

実際に色々な方法でお金を稼いでいる先輩が日替わりでたくさん登場します。リアルな体験談を聞いて、目標を明確にしてください。

お昼に時間が空いている日があれば、生放送に一緒に参加して、コメント欄で他の生徒と交流してみましょう!もちろん、後から録画で参加することもできます。平日は毎日LINE@で当日の番組ハイライトを送っているので、そちらから是非ご覧ください。

生放送だけではなく、過去放送もすべて閲覧可能です。

大学の使い方その3:ゼミに参加しよう!

目標とする稼ぎ方を決めたら、必要なスキルを身につけられるゼミに参加しましょう!稼ぎ方名鑑には、「どのゼミに入ればその稼ぎ方が実現できるか」という先輩の体験談が載せられています。それを参考にして、毎月2つまでゼミに参加できます!

(※参加できるゼミは毎月2つまでです。ご注意ください。)

どんな種類のゼミがあるの?どんな教材やカリキュラムで進めるの?などはこちらの一覧から確認できます。ゼミ名鑑を見ながら、自分が今必要なスキルを考え、どのゼミに入るか?を考えましょう。

ゼミは毎月20日に翌月のゼミの参加募集が開始します。参加したいゼミに「参加表明」を行い、翌月の1日からゼミが開始します。

ゼミは1ヵ月で解散となり、翌月また再募集されます。翌月また同じゼミに入ってもいいし、毎月違うものに入ってもOK。自分にとって必要なスキルに合わせて、ゼミを選んでいきましょう。

ゼミの募集が開始すると、下記のカレンダーに各ゼミのリンクが掲示されます。参加したいゼミをクリックし、中にある「参加表明スレッド」に参加する旨を書き込めば、翌月からそのゼミに参加できます。

9月 11月
公式ゼミ

ゼミって何なの?

よくある質問

ゼミに関しての質問

ゼミの仕組みについてよく分かっていません

ファーストペンギン大学は、ゼミというグループワークシステムを主軸に運営されています。ゼミについては、まずはこちらの「ゼミって何ですか?」をご覧ください。

ゼミが始まると、チーム分けが行われます。チームメンバーと自己紹介をしたり、ZOOMというビデオツールでミーティングをしたり、進捗報告や質問相談などをしながら、1か月間の学習を進めていく形になります。

大学に何か教えてくれる先生はいないんですか?

ゼミでは、外部で手に入る教材(ブログ記事やノウハウ本など)を軸に、生徒が自習して学ぶのが基本となっています。生徒同士で質問をし合ったり、分からない時に相互に助け合うことで、「学び合い」という学習スタイルを実現しています。

これは、先生という立場を創らないことで、「生徒が教える立場にもなることで、より一層学びが深まる」「先生という立場を創らないことで、生徒が受け身にならずに主体性が高まる」「先生という専門職を配置しないことで、大学の学費を下げる」という3つの効果を実現しています。

先生という立場の人はひとりもいませんので、「誰かに教えてもらえる」というスタンスではなく、自分で学び、人にも教えるんだという考え方で学習に臨んでください。(もちろん、困ったらいつでも他の生徒を頼ってOKです。)

ゼミのテーマや教材はどうやって決まっているんですか?

ゼミは「ゼミチーフ」という役割を1名の生徒が任命され、その生徒と運営スタッフが話し合いながら決めています。

「どんなゼミを開催すれば、生徒の役に立つだろうか?」
「どんな教材だと学びやすいだろうか?」

などを、過去にゼミを経験した生徒なども交えて話し合いながら、決定しています。

今後、生徒の意見をアンケートで拾い上げて、より充実したゼミを揃えていけるように仕組みを整えていっています。もちろん、ゼミに参加したメンバーも自由に意見を述べることができますので、

「もっとお勧めの教材があるよ!」
「今回のゼミは、ここが進めにくかったと思う」
「こんなゼミを創ったらどうだろう?」

などのアイデアや意見は、LINEに投げかけたり、大学の質問&提案スレッドに書き込みをしてください。

チーム分けされたメンバーの方で、全然反応が無い方がいるのですが、そういう場合はどうしたらいいでしょうか?
ゼミがスタートしたのに、投稿やレスが無い人がいる場合、「単純に気づいていない」か「忙しくて取り組めていない」かのどちらかです。

大学の生徒は、ほとんどが家事育児、仕事やビジネスで忙しい中、スキマ時間で活動しています。ゼミはそれぞれが自分のペースで取り組むのが基本なので、「あー、忙しいのかな」という感じでそっとしておきましょう。

「もしかして気づいていないかも?」と思ったら、投稿に「タグ付け」をしてあげると、確実に相手に通知を送ることができますので、気になったらタグ付けを試してみるのはお勧めです。タグ付けの仕方はこちらの記事などを参考にどうぞ↓
【Facebook】実は簡単!文章にタグ付けする方法 | StartHome

ゼミのチーム用にグループメッセンジャーを創ろうと思ったんですが、うまくチームメンバー全員を招待できません。友達申請などをしないと、グループメッセンジャーに追加できないのでしょうか?
グループメッセンジャーの仕組みは謎な部分もあり、追加したい相手を招待できたり、できなかったりという事があります。そこでお勧めなのは、グループメッセンジャーに参加するためのURLを発行して、それをクリックして入ってもらうという方法です。やり方はこちらの記事で解説しました。参考にしてください↓
グループメッセンジャーのURL発行方法 | PENGUINS JOURNAL
同じゼミで2つのチーム分けになったのですが、自分のチームは動き出せているのですが、もう一つのチームが全く動きだせていない様子です。こういうときは、何か横からサポートやフォローをしてあげた方が良いでしょうか?
すごく良いと思いますが、基本はゼミは「自習する人が集まる」という自習室のようなイメージです。チームメンバーが偶然忙しい人が多かったりすると、スタートする日程がずれることも多々あるので、横のチームの進行まであまり気にしない方がいいかもしれません。「うまく回さないと!全員が充実した時間にしないと!」という意識が強いと、自分が疲れてしまいます。基本は、「動いてる人だけでやればいいや~」というゆるい意識で取り組むのがお勧めです。
仲の良い生徒から、「今月の自分のゼミチームが、忙しい人が多いのかコメントや書き込みが少なくて、もう少しコミュニケーションがとりたくて困っている」と相談を受けました。私はちょうど今月、1つしかゼミに入っていなくて余裕があるので、そっちに盛り上げ役のような形で参加してあげたいなと思ったのですが、そんなことしても大丈夫でしょうか?
自分に余裕がある人や、仲の良い生徒が困っている場合には、月の途中からどこかのゼミチームのグループメッセンジャーに、飛び入り参加してしまっても全然OKです。チームにいる人にお願いしてグループメッセンジャーに追加してもらうか、URLが発行されている場合はそちらから入りましょう。

チーム分けは厳密なものではないので、チームメンバーでない人も、グループメッセンジャーに入って先輩としてアドバイスしてあげたり、会話を盛り上げてあげたりなど、自由に行ってください。その場合は、後から入った人は「チームメンバーではないんですが、先輩サポーターとして参加させてもらいます」など、ひとこと添えるようにしましょう。

大学全体に関しての質問

Facebookグループへの投稿は自由ですか?
大学に入学すると、Facebookグループに所属することになります。このFacebookグループには、生徒は自由に投稿することはできません。投稿の乱立によって、情報過多になってしまうのを防ぐためです。ただし、生徒が自主的に「雑談用のページ」や「サークル活動用のページ」などを立ち上げていることがあります。そちらで、自由に交流は可能です。
何か質問したい時はどうすればいいですか?
大学の生徒は、全員が専用のLINE@に登録し、配信を受け取っています。そのLINE@から、運営に個別に質問や相談が可能です。困ったり、迷ったりしたら、まずはLINE@に質問を投げかけてみてください。
とりあえず入学したけど、何をしたらいいか分かりません!
大学に入学したら、「ペンギンズテレビを見て情報を得る」「ゼミに入ってチームでスキルアップ実践をする」の2つしかやることはありません。

「目標が具体的に決まっていない!」という人は🔻

稼ぎ方名鑑やペンギンズテレビを見て、自分がどんな稼ぎ方を目標にするかを時間をかけてイメージしていきましょう。

「名鑑やテレビを見たけど目標が決まらない!」という人は🔻

その場合は、知識ではなく行動と他人との対話が必要です。とにかく何でもいいから手を動かしてみる!人と話してみる!というスタンスで、色んなゼミに参加してみましょう。

※ゼミは、入ったからといって必ず最後まで頑張る必要はありません。忙しかったり、自分に合わないと感じたら、気軽にROM専(見てるだけの状態)になってもらってOKのシステムなので、とりあえずで参加してみましょう。

「具体的に学びたいことが決まっている!」という人は🔻

自分にとって必要なスキルや、伸ばしたいスキルが何なのか?を明確にし、ゼミの一覧を見ながら「どのゼミに入るか」を考えて参加していきましょう。

上記のどれにも該当しないが、悩んでる!もやもやしてる!動き出せない!という人は🔻

大学専用のLINE@で定期的に相談の受付を呼びかけますので、遠慮なく自分の状況や悩みについて相談してください。学長や起業経験のある先輩生徒からアドバイスさせていただきます。

もちろん、匿名相談もOKですし、大学への要望や提案も是非お願いします。こちらから呼びかけていない時でも、365日いつでもLINEにメッセージで相談できます。1人で悩まず、こそっと相談してきてください。

コミュニケーションのルール

ネット上では冷たく感じる時がありますので注意を!

普段、会って話すと冗談に聞こえるような内容でも、インターネット上で文章だけで伝えると、とっても冷たく感じてしまう時があります。

もし、相手のコメントを見て「ちょっと冷たいなぁ」「怒らせちゃったのかな?」などと感じたとしても、間違いなく相手は冷たくしたつもりがありませんし、怒っていません。

大学の生徒は、本当に優しくてよい人ばかりなので、「文章だと冷たく見えてしまう時がある」という事を頭に入れておき、コミュニケーションをとるようにしましょう。

いきなり知らない人に声をかけても大丈夫?

インターネット上で、知らない人を相手にいきなり話しかけるのは勇気がいるかもしれません。ただ、ファーストペンギン大学は起業家を育てる大学です。

大学のポリシーは、「勇気を持って挑戦し、困ったら助け合う」です。あなたも大学の生徒になったのなら、勇気を持って知らない人でも声をかけていき、困っていそうな人は優しくフォローしてあげてください。

あなたが初めての人にも優しくすれば、必ず相手もあなたに優しくしてくれます。それがこの大学の文化となっています。

ファーストペンギン大学って?

ファーストペンギン大学は、「ひとりぼっちで挑戦させない社会を創る」というビジョンで活動しているオンラインの大学です。

オンラインにキャンパスが存在し、学園祭や修学旅行など、まるで本物の大学のように楽しみ、交流を深めながら、生徒が新しい仕事を創造的に生み出していく場所になっています。

ファーストペンギン大学って何?という方はこちらをチェック!

ファーストペンギン大学生徒の声

ファーストペンギン大学に入って、人生が変わった!という声をたくさんの生徒からいただいています。

本当に良い場所は、生徒が口コミで勝手に広げていってくれるものだと信じています。生徒たちの声もご紹介します。

ファーストペンギン大学って実際どうだった?在校生の声をご紹介

あの人に“ペギー”を贈りましょう!

ペギーは、大学内であなたが見つけた「ナイスペンギン!」と「貢献ペンギン!」に贈れるポイントです。ペギーを贈られた相手には、とっても良いことがたくさん起こります。

詳しくはこちら▼▼
ペギーってなんですか?

ペギーを贈るにはこちらの画像をタップ▼▼(※Facebookログインが必要です)