【メンバーラジオ】ハイスペックのイケメンのトムが「MBAなんて意味が無い」の本当の理由とは?

生徒の活動事例。大学でこんなことやってます!
[voice icon=”http://college.toriikengo.com/wp-content/uploads/2017/05/satomikaosyasinjpg.jpg” name=”里見” type=”l”]オウンドメディア係の里見です![/voice]

今回はトリイくんのマーケティング実践大学のメンバーである、
芝本一晴さん
秦 正樹さん
のお二人によるサロンメンバーのインタビューを紹介したいと思います!

インタビューの相手は井上 孟(いのうえ つとむ)さん。
サロン内では「トム」の愛称で親しまれています!

MBAなんて意味がない?

実はトムは、
イケメンで英語がペラペラで海外の大学を卒業していて、
イケメンでMBAも持っているイケメンです。

でも・・・ねえ?
結局男は外見じゃ無いよね?
外見とか資格とかマジで意味ないよね?

全然、僻みじゃないよ?
うん。

「MBAのスクールなんて休暇みたいなもんよ!」
とインタビュー内で余裕噛ませるくらいの
スペックの高さなんて全然羨ましくないよ??

イケメンでMBAの資格も休暇の感覚で取れてしまうくらいの
頭の良さがあって英語もできてしまうくらいの
ハイスペックであっても全然羨ましくなんかないからね?

そこんとこマジでお願いします!!

MBAを取得しても全くうまくいかなかった?

実際にこのインタビューの中で
「MBAなんて意味がなかった・・・」
「学校は受け身なので英語力もみに付かなかった」

さらにはこのインタビューでは、、、

「MBAと真逆なことをして成功している人が
マーケティング大学にはいっぱいいる!」
「●●さんはこれまでの常識を覆すくらいの衝撃だった!!」
「本当に英語が身についたのは、スクールよりも卒業した後だった」

などを語っています。

何気にファシリテーターとしての
芝本さんと秦さんの絶妙な掛け合いにも
注目です!!

トムさんこと井上 孟(つとむ)さんの
インタビューは、
こちらをご視聴ください!
↓↓

タイトルとURLをコピーしました