副業の収入が、本業の収入をこえるまで。佐藤の場合。

生徒の活動事例。大学でこんなことやってます!
[voice icon=”http://college.toriikengo.com/wp-content/uploads/2017/05/18194966_1892560717690675_9207098366609936916_n.jpg” name=”佐藤” type=”l”]はじめまして。チアフル部オウンドメディア係_盛り上げ班の佐藤です!
[/voice] 私は、このトリイ大学で、あるメンバーさんと出会って、
今まで一人では副業止まりだった事業が、
半年ほどで本業の収入をこえていくことができそうです(見込み)。

自分と同じような、副業サラリーマンの皆様へ向けて、
副業の収入が本業の収入をこえていくまでのリアルな経過を報告していきたいと思います。

そして、もしうちの子(8歳、5歳、3歳)が、大人になったとき、
お父さんが、どうやって事業を立ち上げていったか、を伝えるつもりで、
この記事を書きます。

本当に好きなことで副業開始!でも限界が・・・

私は、今、データベース事業をしている外資系の会社に勤めていますが、
「自分が好きなことを仕事にしたい」と思い、副業を始めました。

そして、子どもと一緒に遊ぶのが好きだから、子どもがやりたいことをとことん実践する教室を始めました。
たとえば、ゲーム好きな子には、プログラミングで一緒にゲームを作る楽しみを伝えたりしています。

2014年から、3年間ほどやってみて、ちょっと限界を感じていました。
総売り上げは月額75,650円で頭打ち・・・

10人ちょっと生徒さんの教室で、これ以上、集客できない。
だんだん、教材にお金がかけられなくなってきました。
楽しくてたまらなかった教室が、いつのまにか苦痛になっていました。

生徒さん・自分の子どもたちに、いろんな生き方があることを見せたい。
そう思って始めた事業なのに、このままでは、ただの趣味で終わってしまう。
まず自分が事業を軌道に乗せた経験をしないとはじまらない。

「集客の壁を越えるために、マーケティングを学びたい・・・!」

そんな思いから、
『トリイくんのマーケティング実践大学』
というオンラインサロンに入会することにしました。

人生を変える特大インパクトの出会い

待ち受けていたのは・・・
・マーケティングのリアルな学び
・心から信用できるビジネスパートナーとの出会い

でした。

本当に素敵なメンバーの方がたくさんのいらっしゃって
日々刺激を受けている私です。

そんな中でも私の人生そのものを
揺るがすくらいの大きな出会いがありました。

私が出会ってしまった、その人は・・・

集客や売り上げアップを
マーケティングのプロとして、
ガンガン行動されている「Gさん(仮)」です。

そのGさんは、トリイくんのマーケティング実践大学で一緒に部活動(マーケティングの実践)をしていて、
・無償でガンガン記事をUPして
・自分のノウハウもどんどん公開して、
・困っているメンバーがいればすぐに助けてあげる

などなど・・・私にとっては、ちょっとしたヒーローです。
[voice icon=”http://college.toriikengo.com/wp-content/uploads/2017/05/18194966_1892560717690675_9207098366609936916_n.jpg” name=”佐藤” type=”l”]Gさん、やりすぎ・・・。仕事早すぎ・・・。[/voice] というような方だったんです。

実は佐藤とGさんは同じ地域に住んでいるため、
お互いの都合の会う時にご飯を食べることになったんです。

お酒の勢いでやっちゃった!?

それで、Gさんにオフラインでお会いしたとき、お酒の勢いもあって、
つい聞いちゃったんです。

[voice icon=”http://college.toriikengo.com/wp-content/uploads/2017/05/18194966_1892560717690675_9207098366609936916_n.jpg” name=”佐藤” type=”l”]オンラインサロンにお金払って入会しているのに、なんでそこまでトリイさんに尽くすんですか?[/voice] [voice icon=”http://college.toriikengo.com/wp-content/uploads/2017/06/MrX.jpg” name=”Gさん” type=”l”]えっ、(ちょっと困った様子)[/voice] [voice icon=”http://college.toriikengo.com/wp-content/uploads/2017/06/MrX.jpg” name=”Gさん” type=”l”]トリイさんのやろうとしている夢に自分もすごく共感しちゃって。
コンサルタントって、言い方が悪いけど、他人のフンドシで仕事をすることになるでしょ。
だったら、自分が心の底から応援したいって人のために仕事したいんだよね。[/voice] [voice icon=”http://college.toriikengo.com/wp-content/uploads/2017/06/MrX.jpg” name=”Gさん” type=”l”]そんなとき、トリイさんが日本一になるって宣言しているのをメルマガで読んで。
本気で応援したいなって思って。
なかなかそういう夢をもった方に出会えることはなくて。
お金は必要だけど、やりがいのある仕事がしたいから、トリイさんの応援をしています。[/voice] [voice icon=”http://college.toriikengo.com/wp-content/uploads/2017/05/18194966_1892560717690675_9207098366609936916_n.jpg” name=”佐藤” type=”l”](本気で言ってる・・・。ポロリと相手の夢を応援するのが、自分の夢だって。
ルーキーズの川藤先生だな・・・)[/voice] [voice icon=”http://college.toriikengo.com/wp-content/uploads/2017/06/MrX.jpg” name=”Gさん” type=”l”]佐藤さんの夢にも、すごく共感できるんだけどね[/voice]

尊敬できる相手から、共感できますっていわれたら、夢を語りますよね。
その後、私が自分の教室でやりたいことをじっくり聴いてくれました。

ただ、Gさんは、

・共感できない夢は応援する気にならない
・時間は限られているから、今、コミットできる相手は限定される

とのことで、なんでもありではない、厳しい一面もお持ちでした。

・今まで自分ではできなかったこと、
・気づかなかった苦手分野
・どういった方法で夢を実現していけるか

お互いのことを語り合っているうちに、、、

[voice icon=”http://college.toriikengo.com/wp-content/uploads/2017/05/18194966_1892560717690675_9207098366609936916_n.jpg” name=”佐藤” type=”l”]もし・・・お願いできるなら、一緒にやってもらえませんか![/voice]

そうやって自分からお願いしていました。

[voice icon=”http://college.toriikengo.com/wp-content/uploads/2017/05/18194966_1892560717690675_9207098366609936916_n.jpg” name=”佐藤” type=”l”]で、いくらくらいで、お願いできるんでしょうか[/voice] [voice icon=”http://college.toriikengo.com/wp-content/uploads/2017/06/MrX.jpg” name=”Gさん” type=”l”]6ヶ月で●●万円からです。[/voice] [voice icon=”http://college.toriikengo.com/wp-content/uploads/2017/05/18194966_1892560717690675_9207098366609936916_n.jpg” name=”佐藤” type=”l”](えっ・・・無理かも。。。●●万って私のお小遣いの一年分以上はある大金だよ。汗)[/voice] [voice icon=”http://college.toriikengo.com/wp-content/uploads/2017/06/MrX.jpg” name=”Gさん” type=”l”]ただ、まだ商品として完成していない状態でもあるので、佐藤さんであれば□□万円でも良いですよ。[/voice] 最初の値段の半額以下になった!!
それでもまだキツイ・・・

私、お小遣い月額2万5千円です(涙)
8万弱の売り上げも、ほとんど教材費に消えている・・・。

いくら一緒に仕事がしたい方からのオファーだからって、
簡単には決められません。

その場では即答できずに次回に持ち越すことに。
私の頭の中では金庫番の妻を

「どう説得しようか?」

そのことで頭がいっぱいでした・・・

果たしてなんとか妻を説得することができたのか?
結果は私も驚くべき方向に・・・!

つづきは、また来週。
次回のレポートでUPしていきます。
最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

_____________________

2017年5月20日

佐藤の現状と課題

■現状
・総売上げ、月額75,650円

・実店舗
・プログラミング教室   10000円×2名
・実験教室 小学生の部   6700円×7名
中学生以上   8750円×1名
・オンライン
・プログラミング教室 1名 3000円×1名

■課題
⑴見込み客の管理ができていない
・体験教室をしたあと、フォローをしていない
・体験教室のあと、個別面談をしなくなっている(以前は個別面談をしてクロージングをしていた)
・体験教室参加者のリストを作っていなかった。今回の体験教室からリストを作成

⑵WEBを活用していない
・メルマガを実施していない
・メールアドレスを収集していない
・HPがない(一応のHP http://www.art-you.net/2012/11/06/mpt/)
・フェイスブックもやっていない

⑶マージンが高い?
・場所代として、売上げの40パーセントを店舗提供元へ支払ってきた。
*教材費やスタッフの人件費を考慮して、今後は、7000円の授業料から3000円を教材費として引いた上で、残りの4000円のからマージン40パーセント(1600円)をお支払いすることで合意済み

⑷佐藤に時間がない
サービス提供者が佐藤一人では、これ以上、教室の開催時間を増やすことができない。
といっても、教室を任せられるようなパートナーの育成はしてきていない。

_____________________

ちなみに、私がGさんと出会えたのはこちらのオンラインサロンです。
このサロンのコミュニティーがなかったら、自分は変化を起こせませんでした。

タイトルとURLをコピーしました