大学イチ空っぽなイケメン「辻本」の隠された魅力とは?本当に空っぽなのか?自分には何もない人間の価値って何?突撃インタビュー!

パッション中村
こんにちは。オウンドメディア外向け班長のパッションこと中村です。

どうやら最近、”トリイくんのマーケティング大学で最も空っぽな男こと、辻本さん(通称:つじもん)を20人の専門家がプロデュースする”というぶっ飛んだ企画が発足したらしいので、有名になる前にインタビューを敢行してきました。

「何のこっちゃ?」はじめての方にまとめ

簡単に経緯をお話すると

・イケメンの25歳がこの5月からマーケティング大学に入学。目についたブログセミナーに参加

・だけども中身が空っぽ(というかアホ)なことが大学内での人との関わりの中で徐々に露わに

・そいつがセミナーを大学内で主催したら、突然神輿を担がれることになった。

という経緯です。

詳細はリンクを辿ってみてください。

ということで、つじもんさんにお越しいただき、インタビューのスタートです。

セミナーを初めて主催してみた感想→始まるまで吐きそうだったけど、やったら楽しかった。

パッション中村
セミナーデビューおめでとうございます。大学始まって以来の問題作をいきなり献上しましたね。
辻本(つじもん)
ありがとうございます。デビューと言うか、なんというかw
パッション中村
やってみてどうでした?
辻本(つじもん)
正直やる前は吐きそうでした。どうなるんだろう・・・という不安のほうが大きかったです。

でも意外と皆真剣に聞いてくれて!「ダメ出し沢山されるのかな・・・」とか思ってたのですが、参加者も10数人になって「まじか」と思って、、、あんまふざけられへんな。と笑。

やり終わった後は楽しかったですね。

パッション中村
どの辺が楽しかったですか?
辻本(つじもん)
聞いてもらえたことが素直に楽しかったということと、奈良の話は別として、あの時間で「面白かった」「楽しかった」と行ってくれた人がいることが嬉しかったです。

サロンに入ったきっかけは、軽い気持ち。すぐに辞めるつもりで参加したが・・・

パッション中村
おめでとうございます。トリイさんのサロンに入ったきっかけを教えてください。
辻本(つじもん)
実は奈良にいたときからトリイさんのメルマガ読んでいたんですよ。その後、東京に来たのが今年の4月末で、その時にたまたまこのマーケティング大学の存在を見つけて「月5000円やったらとりあえず入ったらいっかー」と思って、軽い気持ちで入りました。オンラインとかSNSってあんまり信用してなかったので、覗いてみていらんかったらすぐ辞めたら良いかなと思ってました。
パッション中村
入ってみてどうでしたか?
辻本(つじもん)
はじめはお悩み相談室・掲示板のようにやり取りがある程度かと思ってたんです。悩みを挙げて、それでアドバイスがもらえるんだったら良いかなーぐらいに。ところがこんなことになるとは・・・笑。オンラインなのに会ったことがあるかのようなレベルで喋ってるのがスゴイなと。地方にお住いの方もいらっしゃるのに皆、近くにいるような感じがしてるのがスゴイなと
パッション中村
関係の深さがすごいですよね。
辻本(つじもん)
自分がイメージしていたSNSの使い方とは全く違ってびっくりしましたね。皆さん優しいからびっくりしています。こんなに優しい人いっぱいいるの?
辻本(つじもん)
自分からしたら前のセミナーだってビジネスしてる人から見たらクソやし。それを面白がりつつも放っておかないのが不思議です。皆さんお忙しいはずなのに何でそんなに頑張れるの?というのが今でも不思議です。
パッション中村
だって面白かったもんw
辻本(つじもん)
そうやって関わってもらえるのは嬉しいなと思いますね。

辻本祭りが始まってますが、精神的に大丈夫ですか?→大丈夫です。

パッション中村
思いっきり神輿を担いで貰っている状況ですが、そこは腹括れてる感じですか?
辻本(つじもん)
あそこまでいって逃げ出せないですよね。「辞めます」って言えないw。僕にとってはそれぐらいのほうが良いかなと思ってます。1人やったら絶対に後回しにしてやっていなかったと思います。
パッション中村
(意外と肝が座ってる・・・)今までのパターンだとどういう感じだったのですか?
辻本(つじもん)
起業したい。と言ったとしても、資金は?場所は?という「何かヤバイことを始める」という環境やったので、自分も下手に動けないな。いずれやったら良いなと、ダラダラしちゃってたと思います。
辻本(つじもん)
奈良に居るときから何かしたいと思ってたんですが、わが家がもともと自営業(運送業)でして、、、事務所やトラックを借りる土地が必要だったりと、何かと資金がすごくかかるイメージがあったんですね。

「何かやるにしても起業ってこんなイメージなら無理やな~」と思ってたんです。でもこのサロンに入ったら起業の切り口がたくさんあるし、既に起業されている方もたくさんいらっしゃるので、いろんな発想に触れることができるのがいいですね。そんな人が奈良には全くいなかったので。

パッション中村
それで、「とりあえず」セミナーをやってみたら、急に跳ね上がるというか笑
辻本(つじもん)
びっくりしましたwあんなに盛り上がるとは・・・!!!

そもそもセミナーのきっかけは?→それすら半分お神輿担がれている件

パッション中村
セミナーやります!と言ったきっかけはなんでしたっけ?
辻本(つじもん)
それは実は、、、わんこさんなんです。
パッション中村
キュレーション部じゃないんだ。
辻本(つじもん)
はい。それも関係なくは無いんですけど、、、以前わんこさんとトムさんに就職はどこかにして副業という形を取るのか、起業をするか、といった相談をしていたときに、トムさんがセミナーを主催する直前だったみたいで(注:100万円稼ぐぜサークル)、、、「うわぁ、、、今度のセミナーどうしよう・・・」となってたんですよね。
辻本(つじもん)
それを他人事として「大変そうやなぁ~」と見てたんです。で、ふと「奈良紹介とか出来ひんのかなぁ。」と何気なく言ったつもりが、「じゃあそれやれよ」という流れになって。トムさんも道連れにしたかったらしく(?)、それでセミナーをいきなり開催しちゃった。というのが顛末です。

で、辻本自身は何やりたいの?

パッション中村
笑。でも、奈良セミナーとても良かったですよ。、、、そして現在、いきなりステージが引き上がったわけですけども、どんな風になれたら良いな?というイメージしているものはありますか?
辻本(つじもん)
最初はホンマにセミナーや小規模なツアーが出来たら面白いなぁと思ってたぐらいなので、具体的には何も考えて無くて、、、気がつけば私の思考の外で議論が飛び交っていて、辻本は完全に置いて行かれています。皆さんの想いの方が遙か先を行っていますw
パッション中村
自分の思いをとっくに飛び越されているというw
辻本(つじもん)
特にジャンさんが本気でブランディングしようとしている。(いい意味で)これはヤバイ!!とw
パッション中村
しばらくは神輿に乗らせてもらおうというつもり?

今はまだはっきり自分のやりたいことは見つからないけど、動き・楽しみながら見つけるつもり

辻本(つじもん)
今はこの流れに乗るしか無いですが、ゆくゆくはやっぱり自分の思うこと、やりたいことを、ちゃんと意見を出して行きたいですね。
パッション中村
このまま変な方向に行くとやだなーというのは無いんですか?
辻本(つじもん)
今の方向は全然良いですよ。「この流れ・・・どうなる?」という予測不能な楽しみがありますね。
パッション中村
(そこも受け入れられるのがすごいな・・・)コスプレとかもしちゃいそうな勢いですが大丈夫?
辻本(つじもん)
全然大丈夫ですよw
パッション中村
自分の旗を立てる。というより、担がれ上手なんですね。
辻本(つじもん)
そうなんですかね???わんこさんやトムさんは「こうなったことはある意味才能」と言ってくださってて、、、わたし自身は「24-5歳やし、おもしろ半分とちゃいますか?」と思ったんですけど、お二人とも「それは違うと思う」と言ってくださって。
パッション中村
そこを自分でも「それで良いんだ」と思えたら強いですね。
辻本(つじもん)
おさむさんは自分から行動して人を巻き込む力がありますが、「つじもんは自分で意識してないのに勝手に人を巻き込むってのが凄さだよね。」とわんこさんが言ってました。嬉しい限りです。
パッション中村
この大学には人たらしが多いけど、究極の人たらしだとおもうよw
辻本(つじもん)
何もしてないんですけどねw

今一番困っていること・・・→一発屋で終わるのか、どうなのか。

パッション中村
今、逆に困っていることはあったりしますか?こういうのがあったら嬉しい。とか
辻本(つじもん)
強いて気になるのは・・・いまはこう恵まれた環境で感謝しているんですが、この皆の盛り上がりに辻本の実力が完全に追いついていないんじゃないのかな。という心配はあります。芸能人で言うと実力以上に世間の人気が上がっている人みたいに、、、・
パッション中村
一発屋状態!w
辻本(つじもん)
そうそうそう!それはヤバイと思っていますwコンセプトが辻本がすっからかんやからその上でやらせてもらっているので多少は気楽ですね。
パッション中村
このまま何年後も担がれ上手なのか、いつか「俺もだいぶしっかりしてきたな。」という形になるのか、、、?

辻本の過去について。昔からこんな空っぽだったのか?→はい。

辻本(つじもん)
実は昔っからこんな感じなんですよね。大学のときも社会人のときも、「ほんま辻本は~」「もう~代わりにやったるわ!」と言われる人生だったんです。

会社を辞めるときもすっごい人数が集まってくれて、、、送別会も、通常は7-8名ぐらいのグループでやるんですけど、20人ちょっとぐらい来てくれて。一番良くしてくれた先輩も「これだけ来てくれるってありがたいことやで」と言ってくださって。今の状況と重なるといいますか。自分のために自然に人が来てくれるというのがこんなにすごいことというのは改めて実感しました。なので、今回の件で何歳になってもこうなるのかな。と思っています

パッション中村
辻モン自身のスペースが広いからかなぁ。僕はこうだ!というのが良くも悪くも無いから、自然と皆が良いなという方向に導かれるのかな。
辻本(つじもん)
ホンマに何も考えたことが無いのでw嫌いな人はあまり寄ってこないですし、来てくださった人も自分からどうこう区別するとかも無いですね。だから自然とこうなることが多いですね。
パッション中村
才能だろうね。
辻本(つじもん)
でも1人のときはめっちゃ1人なんですよね。大学1回生のときは1人でご飯食べてましたし、社会人のときも1年目は同じような感じでした。かといってそれを全く気にしなかったんですよね。便所飯とかも全然無くって。

そのずば抜けたピュアな思考は、母親譲りだった。

パッション中村
「1人だから~~~」、「一人じゃないから~~」というのに意味を付けてないんですね。お母さんに似ている?
辻本(つじもん)
母に似てますね。おかんも自分がアホやと思うぐらいアホなんでw
パッション中村
wwwwおかんのエピソードとか何かあるの?
辻本(つじもん)
ほんまバカなんで、ただの関西のおばちゃんですよ。東京に家族で旅行に来たことがあるんですが、お台場に行ったんです。葛西さんというアナウンサーがいらっしゃって、おかんがよく知ってたんですかね。

あ!といって、、、でも100mぐらい距離あるんですよ!それなのに「葛西さーーーーん」って大声で手を振る。(それでちゃんと葛西さんも凛々しくてを振り返してくれたりとか)。とにかく天真爛漫なんですね。

パッション中村
お母さんもピュアなんですね。お父さんは?
辻本(つじもん)
お父さんは真逆です。もうちょっと柔軟性ないの?というぐらい。「ザ・父親」というぐらいガっと構えてるし。昔のお父さんという感じですね。変なこと言おうものならしばかれるし。そんな感じの父親なんです。
パッション中村
兄弟は?
辻本(つじもん)
弟が二人います
パッション中村
え!?男三人で長男なんだ!
辻本(つじもん)
よく言われます。末っ子ぽいと。弟は家だとバカやってますが、外だとクールに振る舞ってますね。あんまり辻本っぽくないです。外だと
パッション中村
一番辻モンがナチュラルなかんじなんだ
辻本(つじもん)
そうなんです。

純粋に、新しい出会いや関係性に惹かれる。トリイさんのアドバイスも無視して上京。

パッション中村
一歩を踏み出したきっかけはなんですか?サロンに入ったり、セミナーをやったり
辻本(つじもん)
なにか新しい出会いやきっかけが欲しかったからです。僕が住んでた奈良は田舎やしコミュニティが狭いので考えも偏っている。。。

ある時トリイさんが言ってたんですよ「若い間は東京とかで生きていく力をつけたら地方でも生きていける」と。その後トリイさんにメール相談した時は「とりあえず今の奈良で働きつつ副業でお金稼ぐのがいいよ。急に仕事辞めて東京辞めるのは危険かな」と言われたんですが、逆に「え、なんで東京行ったらアカンの?ていうかもう行くし」というのもあるぐらいで。

パッション中村
(トリイさんのアドバイス全然聞いてないし・・・w)
辻本(つじもん)
せっかく東京にきてしまったので、どうせなら色んな人と知り合いたいし、、、自分の環境を変えてみたかった。というのが大きかったですね。
パッション中村
これは新しい環境かも。と要所要所で感じた時に一歩踏み出している感じですね。

辻本怒る。「行きたいから行く。じゃアカンのか!」

辻本(つじもん)
新しいものが好きなんですよね。でも、「良くしてくれた人には絶対何か恩返したい。」という思いはあるので、地元にいる人達もずっと大切にしたい。仮に辻本がオンラインサロンを作るとしても、今の大学を切り離すとかいう考えは全く無いです。新しいものは追いかけますけど、昔の繋がりも大事にしたいですね。
パッション中村
基本的に人が好きで、どんどん新しいステージ、環境を体験してみたいという感じですかね。
辻本(つじもん)
はい。東京に行くとなったときも、実は奈良の仲間にすごい止められたんですよね。「え?東京行って何すんの?」と。
辻本(つじもん)
「コレと決まっていないのに行ったらアカンの?」「場所が違うだけで働くは働くんやから、やること一緒じゃない?」って。「東京行く理由を何で付けなあかんの?」と。「行きたいから行く」それが理由じゃない?ってなったんです。
パッション中村
シンプルなんだね。
辻本(つじもん)
ある意味w
パッション中村
でもなんだかんだ言って辻もんはチャッカリ進歩してますね。(俺のセミナーも来てくれたし)
辻本(つじもん)
あの時って、確かサロン入った次の日なんですよね。たまたま見かけて、優しそうな顔してはるし。高級な服で着飾って無いし、髪の毛バチっと決めてないし、クルーザーに乗って美女はべらしてないし。「あ、行きやすそう」と思って。
パッション中村
数ヶ月前はチャラそうと言われてましたけど・・・)そのフィーリング感はスゴイね。子供みたいな純粋さですね。騙されたりしない?
辻本(つじもん)
今のところは大丈夫です。

一歩踏み出したい人に伝えたいことは?→踏み出したと思っていないので特にありません。

パッション中村
これから一歩踏み出したい人に伝えたいことはありますか?
辻本(つじもん)
自分の中で踏み出せた実感はないですからねぇ。。。
パッション中村
そうとう踏み出してますけどね。
辻本(つじもん)
僕の中では「踏み出そうとしている人たち」と同じステージにいると思っているので、一緒に頑張ろう。という感じですね。一歩踏み出した。というよりは、一歩踏み出すための行動をしている。という感じです。
パッション中村
じゃあどこまで行ったら一歩だ!というのはあるの?
辻本(つじもん)
後から気付くのかな。と思います。僕の仕事で自立出来るようになった時にあとで振り返ったら「奈良のセミナーやったのは大きな一歩だったな」と、その時に気付くんだと思います。

ピュアすぎて「人の目を気にする色眼鏡」が無いことが発覚。

パッション中村
いちいち行動を止められてない感じなんですね。こんなこと言ったら笑われるんじゃないか?失敗するんじゃないか?バカと思われるんじゃないか?とかあるんですよ、多くの人は。
辻本(つじもん)
そういうのはないのですが、お金を失う怖さが一番ですかね「10万円かけて商品を作ったけど、それが1円にもならなかった」「20万円の商材を買ったけどちっとも身にならなかった」というのは怖いです。セミナーをして笑われるからとか恥ずかしいから、とかいう止められるものは無いですね。
パッション中村
このマーケティング大学には月5000円払ってるけど・・・?
辻本(つじもん)
その金額なら失敗しても許せる範囲ですねw。3-4万になってくると生活にも打撃があるので

辻本再び怒る。仕事の面接に行ったけど、どの会社も全く魅力的でなかった件

パッション中村
お仕事は現在・・・?
辻本(つじもん)
無職です。3-4何社か面接に行ったんですけど「うわ、、、全然働きたくないわ」と。

「この会社で働きたいと思わへんな。このつまんない面接って何なん?」と。

聞いてくることどこも一緒やし「東京に何で来たの?」とか言われるし、、、

東京に理由ないと来たらあかんのか!

1-2ヶ月ぐらい好きなことさしてくれよ!

この会社入ってどうなりたい?とか「あんたかてどうなりたいとか無いやろ!」とか、

「この会社じゃないとダメだ」と思って面接に来るやつはおらんやろ!

と思っちゃうんですよ。上手いこと作ってこられた面接理由を聞けたら満足なの?みたいな。そんなことを考えてたら「就職したくないな~」と思いまして

辻本の魅力は「純粋力」

パッション中村
面白い。まじりっけなしやね
辻本(つじもん)
ある意味バカなんですけどね。
パッション中村
純粋力を磨けるサロンとか出来るんじゃない?「辻モンが近くに要るだけで何もしない」というw
辻本(つじもん)
www
辻本(つじもん)
働くのは好きなんです。動くのは動きたいんですけど、そこいらの会社には惹かれるものが無いなと。。。
パッション中村
喫緊の課題はそこですね。
辻本(つじもん)
自分の食い扶持はなんとか確保しないとですね。
パッション中村
なるほど。・・・ということで辻モンさんのデビュー前の意気込みを伺いました。すごい勉強になりました。
辻本(つじもん)
勉強!?ウソでしょw

まとめ

強力に純粋すぎて、相手側が能力を発揮せざるを得ない。というのを無意識にやるやり手です。

今は何もないように見えますが、何者にでもなれる可能性がある。これからを期待していてください。

この記事を書いた人

ブログ集客コンサルタント 仲村屋 代表 中村和幸

月間40万pvのブログ運営経験から、「自分のウリが分からない!」と悩んでいるあなたの魅力を解放し、人を虜にするコンテンツ作りをサポート。トリイくんのマーケティング大学のオウンドメディア 外部班の編集長もしています。引き出し力に自信があった私も、今回は骨が折れました。答えは「何もない。それで良し。」

仲村屋オフィシャルブログ→naka668.com

 

2 件のコメント