今回はオンラインサロン「トリイくんのマーケティング実践大学」のメンバー、山本セイヤさん&マキさん夫婦を紹介します。

お二人は夫婦でマーケティング実践大学に入っており、二人とも薬剤師の仕事をされています。
しかしこれからさき薬剤師としてだけ仕事をしていくことに、疑問や不安を抱いていました。
 
また多額の奨学金を返していかないといけないという、現実的な問題も抱えています。
少しでも早く奨学金を返していきたい。
そのために今の収入を少しでも増やしたい・・・

そんな思いでマーケティング実践大学に入ったそうです。

しかし参加した当初はやりたいことが全く決まっておらず、完全な迷子状態。
その状態は半年ほど続きました。

しかし、あることがきっかけにそれまでの迷子状態がウソのように解消されました。
「自分たちのやりたいことはコレです!」
明確に言えるようになったということです。

今までは自分たちが何をやればいいか全くわからず、
何も行動できなかった二人でしたが・・・

やりたいことが明確になり、ブログを始め勉強会を開催して、
共感してくれる仲間も見つけることができるようになりました。

一体何がきっかけだったのでしょうか?
お二人にお話を伺いました。

実践大学に参加する前

「山本セイヤと申します。現在は薬剤師として薬局に勤務しています。
2017年の2月から、マーケティング実践大学に参加しています。」
(山本セイヤさん)
 

 
 

 
「山本マキです。旦那と同じ薬剤師です。ただし、勤務先は違います。
私は2017年の6月からマーケティング実践大学に参加させてもらいました。」
(山本マキさん)

参加前の悩み

薬剤師の資格を取るための学費を奨学金を借りて進学しました。奨学金の返済は毎月5万円です。この金額を毎月払っていって完済できるのが、45歳くらいになります。それをもっと早く返したいという気持ちがあり、何かしらのビジネスをやりたいと思っていました。

実は参加する前に一度トリイさんのコンサルに応募をしたんです。実際にお会いしてお話を聞いてもらったんですが、私があまりにもやることが決まっていなかったため『自分で頑張って!』と断られてしまいました。そもそもトリイさんのコンサルに応募が多くて枠がなくなったということもあるのですけどね。」
(山本セイヤさん)

参加したきっかけ

「旦那がマーケティング実践大学に入ってからスマホばかり触るようになってしまったんです。それが私的には気に入らなかったんですけど、共通の話題が欲しかったのが一つ。

あとは旦那に「一人だけでがんばって!」と言うことも違うと思いました。そこで私も実践大学に入って、一緒に頑張ろうと思ったんです。
(山本マキさん)

奨学金の返済は45歳くらいになる予定・・・

「先ほどもお伝えしたのですが、奨学金の返済が完了するのがこのままのペースだと45歳くらいになる予定です。このままゆっくりと返済していくより、もっと早く返したい。だから、今より収入を増やしたい。
そのために何かのビジネスをやりたいとは思っていましたが、具体的に何をしたいか?などは決まってなくて、ずっとモヤモヤした日々を過ごしていました。ただ一人でやっていても何も変わらないと思い、とにかくそういった環境に飛び込もうと思い実践大学に参加をしました。」
(山本セイヤさん)

参加後の成果

「実は実践大学に参加してもすぐには行動ができませんでした。そもそも何をやっていいのかすら分からなかったのです。

参加した当初に一度だけサロンメンバーの方に相談したことがあり、正直に『迷子状態です』とお話をしました。それは半年たった時にも全く変わっていませんでした。
(山本セイヤさん)

変化の起こったきっかけは?

「私が6月に実践大学に入ってからすぐに大阪でサロンメンバーの方のセミナーがあったのです。
これは行かなくちゃ!そう思って旦那を誘って二人でセミナーに参加をしました。」
(山本マキさん)

「そのセミナーは自分のやりたいことや情熱を持てることの情報を発信をしながら、収益化するためのセミナーでした。
私たち夫婦にとってそれが一番の課題でしたので、迷子状態を抜け出せるきっかけになるのでは?
そう思って参加したのですが・・・」
(山本セイヤさん)

さらなる迷宮に迷い込む?

「セミナー後に講師の方に相談できる時間がありましたそこで。私たち夫婦の悩みと今後の方向性についてご相談をさせてもらったんです。
いつくもの質問をされて、それについて答えていきました。

質問の意図としては自分たちに興味があるもの、本当に情熱が持てるものを見つけ出す。
そこについてサービスを進めていこう。
そのような展開になる。はずだったのですが・・・」
(山本セイヤさん)

結局、答えても答えても、「自分たちが本当に好きなものはコレだ」と、言えるものは見つかりませんでした。
さらなら迷宮に迷い込んでしまったのです。正直ギブアップ宣言をされてしまいました・・・
ですが、そこで終わらなかったんです。

(山本マキさん)

ようやく方向性が見えた

「セミナー講師の方からは最終的に、
”あなたたちは迷子状態だ。この場では答えは出ないから、サロンメンバーに助けを求めなさい。”
そのように言われたんです。

そこでその場ですぐに実践大学のFBグループにスレッドを立てました。
”私たちは迷子です。どなたか相談に乗ってもらえませんか?”そんな内容です。」
(山本セイヤさん)

「すると、すぐに何人かの方から返信がありました。
そしてその中の一人の方に相談に乗ってもらったんです。

実際にもお会いして相談をしたところ、私たちの経験を活かす方法を知りました。
尚且つ、やりたいことが明確になり、自分たちのサービスについての情報発信や勉強会を開催することができるようになったんです!

(山本マキさん)

二人が実践大学に参加後にこんな変化が起こりました。

・今いる業界のことしか知らなかったがたくさんの稼ぎ方があることに気づいた
・特別な人しか稼げないと思い込んでいたが、同年代や色々な人の活躍を見て「ふつうの人」でも稼げることが分かった
・薬剤師の知識を使い、薬や健康に関する知識を発信していきたいと思いブログを作り情報発信を始めた
・自分たちと同じように将来に不安を抱いている薬剤師が複数の収入を得る方法があることを伝えるブログを作った
・薬剤師向けの複数の収入に関する勉強会を開催して、同じようなことで悩む薬剤師仲間ができた

こんな人に参加してほしい

「何かをやりたいけど、何をしたらいいかわからない人は来てもらうと良いと思います。色々な専門家の人もいて、学ぶこともできる。それだけではなくて、自分のやりたいことをモニターやテストをできる環境が整っている。そんなところだと思います。」
(山本セイヤ)
 
 

私は女の子に来てもらいたいと思います。自分でサービスを持っている女の子。これから何かをしたいと思っている女の子。

なぜかと言うと、実践大学には女性の起業家の方で活躍されている方もたくさんいます。
同時にこれから頑張っていこう、という方もいるんです。
これからの人もどんどん発言したり勉強会やイベントを開催して行動されているからです。

今から自分で何かのサービスを始めたい人にとっては、こんな動きそのものがきっと参考になると思うんですね。
私も自分のやりたいことが明確になってからはサロン内で発言をしたり、イベントを立てたりすることができるようになりました。

そうやって発言したり行動すると必ず誰かが拾ってくれるんですね。
それが嬉しいし、行動もしやすい。失敗しても誰も責めないし、どんどん行動ができてしまう環境だと思います。

(山本マキさん)

プロフィール 山本セイヤさん&マキさん

夫婦で薬剤師をしながら、薬剤師の立場から一般の人が知らない薬や健康に関する情報を発信している。

それとは別に薬剤師向けに、薬剤師の知識を使いながら複数の収入を得るための情報も発信。薬剤師が収入を上げるとなると、他の薬局や病院に転職すると言う選択肢しかないし、本人もそれ以外に考えないのが普通だが、それ以外の選択肢もあることを伝えたいと思い、情報を発信。また、薬剤師向けの複数の収入に関する勉強会を開催して、自分たちと同じようなことで悩んだり、不安に思っている薬剤師にアドバイスをしている。

薬剤師向けの副業ブログ→薬剤師のための副業ドットコム

山本セイヤさん&マキさんが参加された
マーケティング実践大学の詳細はこちら

この記事を書いた人

里見和幸 セールスコピーライター マーケティングコンサルタント

中学には3ヶ月しか行かなかったという”元・引きこもり”のコピーライター。
マーケティングとセールスコピーライティングのスキルを使い、売り上げアップに貢献している。
里見和幸公式ブログ→人生を変えるセールスコピー.com