今日はモニター募集をする方法について紹介します!

大学では、生徒たちが自分のやってみたいことを「モニター募集」という形で実践しています。

新しいことを始めたい、やってみたいことがある、そういう時に難しいのが「試しにサービスを受けて感想をくれる人」を見つけることですよね。

自分が何をやっているのか?を詳しく知らない友人にいきなり「こんなサービスをやりたいんだけど、試しに受けてみてくれない?」とお願いするのは勇気がいります。

かといって、見知らぬところで告知してもなかなか集まりません。

それに、一番最初のころは自信もないので、

ある程度甘めの判断で品質を許してくれるけど、絶妙な距離感でフラットな意見もくれる

という人を見つけるのが難しい!!

そんなときは、大学内でモニター募集してみましょう。

こんなサービスをやりたいと考えているんですが、誰か無料もしくは激安でいいので、試してもらえませんか?

と呼びかけてみましょう。

↑ 内容は何でもOK!「こんなことやってみたいんだけど、だれかお付き合いいただけませんか?興味ある人はコメントください!」とか。

誰かのモニターは積極的に受けてみよう!

逆に、誰かがモニター募集をしていたら、ビジネス初心者の人はできるだけモニターとしてサービスを受けてみましょう。

他の人がどういったサービスをやっているのか、というのを生で体験するのが一番勉強になります。

● こういうことをやってみたいんだけど、いきなり外でやるの怖いなー・・・

という人は、「サービスを提供してみた経験」と「サービスを受けてみた経験」の両方が足りていません。

大学内でモニター募集しまくる、そしてモニター募集を受けまくることによって、あっという間に前進できます。

大学内ならいくら滑ってもナイスペンギンです!

まずは大学内でたくさんナイスペンギンしましょう。

モニター募集やってみたらすんごい楽しかった!先輩ペンギンの声

ここに「モニター募集をした、もしくはモニター募集を受けてみたらこんなにいいことがあったよ!」という先輩ペンギンの声をいくつか載せたいです。ご協力お願いします。