稼ぎ方名鑑01:WEB記事の制作を受託する

具体的にどんな稼ぎ方?

WEBメディアを運営している企業から、ライターとして仕事を請け負い、メディアの記事を制作する事で報酬をもらうという稼ぎ方です。企業は自社商品を販売するための「オウンドメディア」を運営していたり、「アフィリエイトサイト」を運営していたり、単純に広告収入のための「WEBメディア」を運営していたりなど、目的は様々です。企業の目的に合わせて記事を制作することで、制作料を稼ぐことができます。

どれくらいの労力でどれくらい稼げる?

ゆかか先輩談

初めてだと、1文字1円~1.5円くらいがリアルな数字かと思います!
月収だと、1万~3万でしょうか!
1文字0.5円をきる仕事もたくさんありますが、そこは受けないように!
0.6円~0.9円で仕事内容がよさそうなやつは受けてもいいと思います。
後々単価交渉をして、単価をあげることが可能です!

初めは結構頑張らないと月5万円も結構大変です。
1文字1円3,000文字の案件なら、
3,000円×17本=51,000円
1ヶ月で17本は書かないと月5万円に到達しません。

1文字2円3,000文字の案件なら、
6,000円×9本=54,000円

後々、以下のことで楽にはなっていきます。
・単価を上げる(クライアントと仲良くなって単価交渉or別の仕事に乗りかえる)
・頑張って執筆スピードをあげる
・継続案件をゲットする(新規案件は辛いです。慣れた案件はかなり楽です。)
・たまにある高単価お宝案件をゲットする
・仕事を発展させる

クラウドソーシングで稼ぐのは、正直言って楽ではありません!
ただ、執筆のスキルは身に付きますし、ブログに比べてすぐに確実にお金になります!(ゆかか/twitterブログ

かざり先輩談

400字程度のブログ記事の更新を10社程度引き受けているのと、1記事2円程度の記事を月4記事固定で1ヶ月のうち2~3日だけ1日4時間ずつくらい気合い入れて作業して月3~4万円くらいです。 (かざり/twitterブログ

しのぴー先輩談

1文字8円。1記事500文字ほどなので4,000円。1記事作成するのに2~3時間。最大で1日に5記事、月に80記事作成したことがある。(しのぴー/facebook

どんなスキルや手順が必要?

ゆかか先輩談

提案文を通さなければ仕事をゲットできません。
https://go-writing.com/proposal-the-purpose/
ここを参考にすれば、提案文は通ります!
めちゃくちゃ効果があるので、これに沿って書きましょう!

クライアントとのやりとりで重要なこと
・できるだけ早い納品
・やりとりの返答は速やかに
・できれば、こちらからできることを提案する(これができれば単価があがります)
・「質の高い記事をありがとうございます!」とか言われたら、単価交渉を考える (ゆかか/twitterブログ

しのぴー先輩談

商業ライターとブロガーとは全然書き方が違うので、依頼主の意向に沿う事が必要。挨拶ができる。約束(納期)を守る。注意されたら聞く。ライター業界は、当たり前の事ができない人が多いイメージ。当たり前の事を当たり前にしているだけで、ライターとしては8割方成功できると思う。 (しのぴー/facebook

まめ先輩談

パソコンを全くいじったことがない人には厳しいかも。ワードやエクセルで文字入力ができれば十分。ライターとはどういう仕事なのか?ということをしっかり理解することが大事。ただやっていくうちに覚えることもいっぱいあるので、とりあえずクラウドソーシングから初めてみるのが手取り早いし、簡単に進められる。

僕の場合はライター業ってのを知っている人たちがいる環境に身を置けたのですんなり進めたと思うから、もしそういう環境にないなら環境から変えて見るのもオススメ!あとは物怖じせず1円以上の案件に最初からチャレンジする。タスク案件もできればやらない。そして実績を積んで単価を上げていく。

ツイッターでライター募集してる人も結構いるからツイッター経由で営業するのもありかも! (まめ/facebookブログ

ゼミをどう活用すればこの稼ぎ方ができるようになる?

ゆかか先輩談

クラゼミの参考図書が本当に良書です!何度も読み返して取り組めば単価が上がっていくはずです!まずは1ヶ月でクラウドソーシングのシステムに慣れるといいと思います。

仕事は「興味のあるもの」を選ぶより、「調べて書けそうなもの」をえり好みせず色々書いてみましょう!
やってみて、合わないものは書くのを辞めて、合うものを残していきましょう。そうすると、好きな案件だけ残っていきます。 (ゆかか/twitterブログ

かざり先輩談

クラウドソーシングゼミで、相談しながら積極的に提案していけば全然すぐ稼げます。最初のうちは受注先ごとのスタイルの違いや仕組みが掴めなかったりするので、失敗前提でどんどん聞いて見てやってみてを繰り返していくといいなと思います。 (かざり/twitterブログ

どんな人に向いてる稼ぎ方?

ゆかか先輩談

・好きな場所・時間で働きたい人
・今すぐお金が欲しい人
・できるだけ早く独立したい人
・それなりに文章が書ける人
・ライティングスキルを身につけたい人
・副業で月2,3万毎月稼ぎたい人
・書くのは好きじゃないけど、まずは独立したい人(展開のしようはあるので。独立のスタートにおすすめです。)
・人間関係ストレスフリーな仕事がしたい人
・隙間時間をうまくつかいたい人
・主婦 (ゆかか/twitterブログ

しのぴー先輩談

「文章を書くのが好きな人」好きな事じゃないと続かない。(しのぴー/facebook

まめ先輩談

在宅で仕事をしたい人
文章を読む、書く、聞くのが好きな人
調べ物が好きな人
時間に余裕がある人(逆に時間があまりない人にはオススメできない)
一人で黙々と作業ができる人
相手の意図を汲み取れる人(自我が強い人はあまり向かない) (まめ/facebookブログ

かざり先輩談

語彙力があると言い回しのバリエーションが出せるので、もともと本が好きだったりニュースサイトとかで色んな文章を読んできていると強いなと思います。
家から出たくない人に最適な稼ぎ方だと思います。
文章に自分らしさとかを押し出さずに、依頼主の要望や方向性を把握して臨機応変に応えられる柔軟性がある人が向いているんじゃないかなと思います。
(小説家志望で比喩表現を好んだり、わざと難しい言い回しを多用したりと文章に己の作品性を求める人は向いてないかも。。) (かざり/twitterブログ

どんな仕事に発展しやすい?

ゆかか先輩談

・ライティング周辺のお仕事(ディレクション・写真・デザイン・HP作成など。声がかかることがあります)
・講師業(稼げるようになって、教える側へ)
・情報商材の販売(稼ぎ方をまとめて販売)
・ブログ(書くスキルが学べるので、ブログも始めやすい)
・有名メディアの売れっ子ライター
・○○専門ライター
・コピーライター
・セールスコピーライター   (ゆかか/twitterブログ

しのぴー先輩談

ライティングスキルはウェブ上で仕事をするのに、最低限必要なスキルなので、どんな仕事にも発展できる。私は今はライターとしての仕事は、指名での記事作成のみ(1文字10円)で、そのサイトではディレクション(編集)をするようになった。ディレクションから2か月で、別サイトの運営とTwitter運営にも発展した。そして同時並行でネットショップをオープンする手伝いも進行中。(しのぴー/facebook

かざり先輩談

単発でなく、専属ライターになって継続案件になっていくと楽だし、単価の交渉をして値を上げていくことができます。ブロガーだったりウェブメディアの運営をしていくことにも繋がるんじゃないかな。ライティングスキルは自分のサイトのクオリティを上げるための基礎にもなります。 (かざり/twitterブログ