稼ぎ方名鑑05:オリジナルの通信講座を作って販売する

稼ぎ方名鑑

具体的にどんな稼ぎ方?

自分が持っている知識やノウハウを通信講座として販売し、その後のアフターケアまでする稼ぎ方です。

[aside type=”boader”]

(例)

自分が持っているノウハウを動画にして販売し、購入者がわからないことがあったら個別に質問を受ける

[/aside]

通信講座用の教材を作ったら、タイムチケットやココナラに出品、もしくは自身のSNSやブログなどで集客・PRして顧客獲得を目指し、販売します。

 

それでは、さっそくファーストペンギン大学の中で、実際に【通信講座を販売する稼ぎ方】を経験している先輩たちの生の声を聴いていきましょう!

[aside type=”boader”]
  1. 通信講座を販売した経験がある4人の先輩を紹介
  2. 通信講座を販売しようと思ったきっかけは?
  3. どれくらいの労力でどれくらい稼げる?
  4. 通信講座を販売していて大変だったことは?
  5. 通信講座を販売する仕事はどんなスキルや手順が必要?
  6. ゼミをどう活用すればこの稼ぎ方ができるようになる?
  7. どんな人に向いてる稼ぎ方?
  8. 通信講座の販売は、その後どんな仕事に発展しやすい?
[/aside]

それでは、4人の先輩たちの経験談を聞いていきましょう!

 

①通信講座を販売した経験がある4人の先輩を紹介

通信販売の経験がある4人の先輩たちの声を紹介します。

 

sakurac先輩

自分の本業スキルを活かしてCADオペ業を始めるためのノウハウ・CADで独立 したい方に向けた入門」について通信講座にして販売しました。

月2回×3ヵ月 コース・4ヶ月コースで2万円~15万円。

基本は動画教材と毎回のマニュアル・課 題DWGデータで自習してもらい、分からないところや質問や返信していただいた課題をメールで受け付けて、動画で返信していました。(質問に対して、動画で自撮りしたもので回答していた。動画の長さは10分~15分程度で、操作解説をし
ながらひたすら自分でしゃべるという感じ。動画で撮影⇒youtubeで限定公開でUP⇒メールでURLを送付する)

自分のスキルを活かしFacebookページを中心に「脱!資格・ノウハウジプシー90日 で稼ぐ仕組み設計図(マネタイズ・プラン)を創る」について通信講座にして販 売していました。

  • 月2回×3ヵ月コース15万円(メール・動画対応のみ)
  • 24万 (メール・動画対応・月1回Skype面談30分~50分)

CAD講座の場合と同様に月2 回受講生にマニュアル(PDF)課題シートをメールを送りし自習していただき、 分からないところや質問や返信していただいた課題をメールで受け付けて、動画
で返信していました。(質問に対して、補足資料(PDF作成)と動画で自撮りし たもので回答していた。動画の長さは10分~15分程度で、補足資料を作成し解説 をしながらひたすら自分でしゃべるという感じ。動画で撮影⇒youtubeで限定公開 でUP⇒メールでURLと補足資(PDF)を送付する)

Skype面談は1人だとモチベーションが下がり中々進まない方がいたので、月1回で行なっていました。

通信講座販売歴14年。

[aside type=”boader”]

sakurac先輩のSNS

[/aside]

 

ゆりりん先輩

英単語を鬼のように覚える講座。(単語12000語+熟語1500語:英検準1と1級の間ぐらいの単語レベル。ネイティブだったら小学校高学年レベルと言われている)

覚えられた単語と、なかなか覚えられない単語を段階別で評価して、出現スパンを変えて出してくれる(覚えてないものは短いスパンで出てきて、覚えたものは長いスパンで出る)、オリジナルの単語アプリを、メイン教材として配布していた。

発音がわかるように、音声もグーグルからひっぱってきてつけた。

付属として、英語という言語のルーツや、英単語の接頭語や接尾語などの単語のつくりを丁寧に説明した教材をつけた。

サポートは、ライングループを作成し、今日覚えた単語の個数を毎日発表してもらい、覚えにくかった単語を1つピックアップして、その単語を使った文章を考えてアウトプットしてもらう場にした。

月に1度、希望者で集まって、チャットでの質問会をした。

オリジナル教材として販売したのは1年半。その後、他のことをしたいというのがあったので、アフィリ教材の特典として、アプリのみを配布するようになった。

[aside type=”boader”]

ゆりりん先輩のSNS

[/aside]

 

たまちゃん先輩

私の代表デザイン「プルメリアキャンドル」と「クリスマスツリーキャンドル」を自宅で作りやすいようにある程度まで準備済みにしたキャンドルをセットにして販売し、商品が到着してから30日間は質疑応答のアフターサービスをつけてます。

初めて販売したのは2015年12月。

つい最近は、2018年9月29日~2018年10月5日まで販売していました。

[aside type=”boader”]

たまちゃん先輩のSNS

[/aside]

 

初代学長

2013年~2014年ごろで半年くらいの期間、「自分のスキルを活かしてアドバイザー業を始めるためのノウハウ」について通信講座にして販売しました。

月に2万円で、基本は動画教材で自習してもらい、分からないところや質問をメールで受け付けて、動画で返信していました。

(質問に対して、動画で自撮りしたもので回答していた。動画の長さは10分~15分程度で、ひたすら自分でしゃべるという感じ。動画で撮影⇒youtubeで限定公開でUP⇒メールでURLを送付する)

[aside type=”boader”]

初代学長先輩のSNS

[/aside]

 

②通信講座を販売しようと思ったきっかけは?

先輩たちに、通信講座を販売しようと思ったきっかけを教えてもらいました。

 

sakurac先輩

2000年に長男を出産し、2002年に次男を出産、2006年に三男を出産、2007年に主人が脳梗塞で倒れたので本業の足しにする為、販売しようと決意しました。

 

ゆりりん先輩

もともと、私自身が英単語を覚えることに悩みがあって、自分のために単語アプリを作っていたのだが、たまたま、その時に英語をいっしょに勉強していた友達数人に、「売ってほしい」と言われたので、講座として販売することにした。

 

たまちゃん先輩

初めての時は、勢いとノリw

キャンドル作家オリジナルデザインの通信講座を個人でやっている人が(たぶん)いなかったのと、もし実際に販売したらどれだけの人に響いてどれだけ売れるのか興味があったから。

2018年9月29日~2018年10月5日までの期間限定販売の通信講座を販売するときは、自宅で楽しめるキャンドル作りの選択肢がもっとあってもいいんじゃないか?という考えをベースに久しぶりに企画をして販売しました。

 

初代学長先輩

コンサルタントとして活動していたが、何度も同じことを言うのが面倒になってきたので、基本のノウハウを動画でまとめて教材化し、自習をベースに学んでもらう形式に変えようと思った。

ただ、教材がどれだけ充実していても、やっぱり「誰かに聞きたい」「細かい部分やニュアンスが掴めない」「自分に当てはめられない」などが起こるので、そこに答えてあげるQ&Aシステムを月額でセットで提供する通信講座スタイルにしようと思い立った。

 

③どれくらいの労力でどれくらい稼げる?

通信講座の販売は、どれくらいの労力でどれくらい稼げるか教えてもらいました。

 

sakurac先輩

マニュアル作成1ケ月、月2回の通信教育×3ケ月コースで、添削は1人15分くらいだったので寝る前の1時間くらいを使っています。

 

ゆりりん先輩

教材とサポート内容が決まれば、販売を始めることができてしまうので、あとは集客が早くできれば、その分キャッシュも早く手に入ると思う。

ただ、教材のアイディアがなかなか浮かばなければ、販売スタートできないし、需要のある教材を作ることも大事なので、企画段階でリサーチを十分にする必要があると思う。

価格設定を、自分がコントロールできるので、労力をかけるとその分稼ぎが増えるというわけでもない気がしている。

私の場合は、講座の内容を途中で追加・変更したことによって、徐々に価格を上げて販売していた。

 

たまちゃん先輩

  • 企画
  • 動画作り
  • キット作り
  • 1週間前あたりからメディアでの告知開始
  • メールでのやり取り
  • 梱包、発送

一連の流れは、ざっとこんな感じです。

私の場合ですと単発の通信講座であれば企画から10日〜2週間の期間が必要です。

 

初代学長先輩

月額制で、月に2万円という価格にしていた。初月は教材費で3万円だったはず。

メルマガ読者などがすでに一定量いたので、MAXで40名くらい生徒がいたので、月商で50万~80万くらいで動いていたと思う。

ぶっちゃけ売れてしまえば生徒はしばらく自習するし、教材が充実していれば質問はそんなに頻繁に来ない。かなり偏っていて、毎日質問してくる生徒が2割くらい。残りの8割は1ヵ月に数回くらいなので、平均すると1日3~4個くらいの動画を撮影して、返信するだけ。午前中で仕事が終わる感じだった。

メールで返信したら1時間以上かかる内容も、動画でばーーっとしゃべっちゃうと10分で説明終わるし、細かいニュアンスも伝わるので、めちゃくちゃ効率的にQ&Aができていた。(この時の経験で、今もLINE@で音声Q&Aをやっている)

動画教材を創るのが大変で、1ヵ月くらいかけてノウハウをまとめ、教材の構成を考え、動画を何十本も作って、WEBサイトに貼り付けて「生徒がログインできる専用教材サイト」を創った。徹夜で収録した気がする。

 

④通信講座を販売していて大変だったことは?

通信講座を販売している先輩たちに、苦労話を聞いてみました。

 

sakurac先輩

お金がなく、通信講座の内容が特定の業種の仕事だったので生徒さんを集めるのが大変でした。既存の書籍をマニュアルにできない分野だったので一から作成しました。

 

ゆりりん先輩

コミュニティをつけていたので、中だるみしないように盛り上がっているコミュニティを維持すること。

 

たまちゃん先輩談

いちばん悩むのは、値段設定です。

高すぎても安すぎてもいけないので適正価格を掴むのが大変です。

いちばんやってはいけないのは、自分を安売りしてしまうこと。

大変ですが、自分で企画したもの自分で値段を設定して実際に販売し、お申し込み者へ自分の商品をお届けするというのは雇われの身では決して経験することがないので、良い経験になっています。

 

初代学長先輩

やっぱり教材の作成が疲れる。あと、そもそもノウハウは進化するし、時代に合わせて変わる部分もあるので、「どこは変わらないノウハウ」で、「どこは進化するノウハウ」なのかを見極めて、教材化する必要があった。

その上で、進化するノウハウの部分は継続的にアップロードしていく感じで創った。

ぶっちゃけ、楽して稼げる的な話だと、集客さえできればマジで楽に稼げるモデルだったと思う。ブログやSNS、メルマガで「自分から学びたい」という人をどれだけ集められているかに尽きる。

それがクリアできていれば、買う方は中身を見ずに買うわけだし、1度売れればある程度は継続してくれる。

(実際には全然実践できていない人もいるけど、そういう人も通信講座モデルはしばらくは解約しない傾向がある)

ただ、とにかく暇だったのと、やっぱり自分が納得いく教育モデルでは到底なかったので、つまらなくなって辞めてしまった。

(こんなこと続けていても、自分が伸びないなぁと思ったのが大きい。余生をゆっくり過ごすタイミングなら最高のモデルだと思う)

 

⑤通信講座を販売する仕事はどんなスキルや手順が必要?

通信講座を販売する仕事をしたい場合、どんなスキルや手順が必要でしょうか?

 

sakurac先輩

マニュアル作成やソフトの添削があるのでPCが必要です。お金をかけない場合は、手動でメールを送信してやりとりが必要です。通信教育なのでやりとりに最低限の大人のマナーが必要だと思います。

 

ゆりりん先輩

企画、集客、販売、リピート獲得のスキル。

 

たまちゃん先輩

どんな言葉・表現を使って分かりやすく説明できるかのトーク力、自分のオリジナリティーが表現できているキャンドルデザイン、お金を払ってでも欲しい!と思っていただけるようなキャンドルデザイン、いきなり販売するのではなく、遅くても1週間前たりから商品・サービスの告知をして情報を小出しにしていく。

 

初代学長先輩

まず、自分が「何の先生」「何の専門家」になるのかを決める必要がある。次に、その領域において、知識が優れていると認識してもらうために、情報発信する。

セミナーや講師の実績があることを自己紹介ページなどで写真付きでアピールしたり、専門知識に関する記事を書いたり。

次に、人として信頼してもらうために「同じ人に何度も接触できる状態」を創る。つまりメルマガやLINEなどの読者を増やす。最後に、教材を作って読者に向けて販売する。

 

⑥ゼミをどう活用すればこの稼ぎ方ができるようになる?

通信講座を販売して稼ぎたい場合、ファーストペンギン大学のゼミ制度をどう活用すればいいのか、聞いてみました!

 

sakurac先輩

孤独な作業なので誰かに添削しつつモチベーションを保つことが出来るゼミなら稼げると思います。

 

ゆりりん先輩

私自身が、ゼミに入ったばかりなのでわからない。

 

たまちゃん先輩

誰と関わるか、どんな人と繋がるか、どんな内容の会話をするかはとても大事です。

「あ、この人いいな」「この人、お手本になる!」という人に出会うためにゼミを活用すると良いと思います。

出会う人の母数が増えなければ、「この人に会えてよかった!」と思える人に出会う確率は当然ながら減ります。

 

初代学長先輩

ビジョンゼミで、「自分が興味のあるジャンル」を決めて、領域を絞る。

ブログゼミやツイッターゼミで「情報発信」について学び、実践しながら、興味のある領域で、読者の反応も良い領域にさらに絞り込む。

ツイッターのフォロワーが増えたら、小さな勉強会やセミナーを開催してその写真などをブログのプロフィールに貼っていき、講師としての実績を盛っていく。

最後に、メルマガやLINE@を始めて、「1対1で何度も話しかけられる読者」を増やしていき、信頼が貯まった段階で講座を作って販売。商品を創るタイミングでは、セールスコピーゼミが役に立つはず。

 

⑦どんな人に向いてる稼ぎ方?

通信講座の販売は、どんな人に向いてんでしょうか?

 

sakurac先輩

マニュアル作成を面倒に思わない人、人に教えるのが好きな人、人の成長を見守っていける人

 

ゆりりん先輩

教えることや企画することが好きな人。教材を作るので、体系的にまとめられる人も向いていると感じる。コツコツ作業が苦手でもできる。

 

たまちゃん先輩談

創作物が好きな人、継続力がある人、向上心がある人、自分は自分・他人は他人と切り離して考えられる人。

 

初代学長先輩

教材を作るのがうまい人。

説明がうまい、解説がうまい、分かりやすい文章や動画が作れる人。

短い時間で効率よく収益を上げたい人。人間として信頼されやすい魅力を持った人。

 

⑧どんな仕事に発展しやすい?

通信講座を販売する仕事をマスターした後に、どんな仕事に発展しやすいか教えてもらいました。

 

sakurac先輩

書籍出版、企業の専属講師、コンサルタント

 

ゆりりん先輩

分野にもよると思うけれど、私の場合は、英検などの資格試験の個人サポートをリクエストされました。

 

たまちゃん先輩

通信講座専門のキャンドル作家・講師、キャンドル作家育成、そのノウハウを教えるコンサルタント。

 

初代学長先輩

講師業全般に派生できる。一度教材が固まれば、作り直して教材単体で販売もできるし、コマ切れでセミナーもできる。

 

人に教える仕事 先輩たちのリンク集

[aside type=”boader”] [/aside]

 

様々な稼ぎ方と、リアルな先輩たちの声を掲載中!(随時更新)

[btn class=”rich_yellow”]稼ぎ方名鑑はこちら[/btn]
タイトルとURLをコピーしました