ゼミ名鑑17:クラウドソーシングライター初級ゼミ

ゼミ名鑑

ゼミの進め方全般については、こちらの記事をご覧ください。

 

このゼミは、どんな人にとってお勧め?

[aside type=”boader”]
  • 特別なスキルがないけど、家で仕事をして稼げるようになりたい
  • 文章を書いてお金をもらう「ライター」という仕事に興味がある、始めてみたい
[/aside]

このゼミは、こんな願望を持った方に向けたゼミです。

 

ゼミでは、上記の人が1か月間で

「クラウドソーシングサイトに登録して、ライターとして自分の力で稼ぐ体験をする」

という状況を実現することを目指します。

 

こんな人には、このゼミは向いていません。

[aside type=”boader”]
  • すでにクラウドソーシングで稼いだ経験がある人
  • 文章を書くことが大嫌い
[/aside]

 

このゼミでどんなことを体験できるか?

上記の願望を実現するために一番重要なのは

「少額でもいいから、ライターとして自分ができる仕事を見つけてやりとげること」

です。クラウドソーシングでライターとして稼ぐための「お仕事を請ける一連の流れ」を経験しましょう。

 

そのために、ゼミでは

[aside type=”boader”]
  • クラウドソーシングサイトに登録する
  • 案件の探し方を学ぶ
  • 実際にライターとしてのお仕事をする
[/aside]

という流れで実践していきます。

 

これらの活動を、

[aside type=”boader”]
  • 教材を読みこむ
  • 教材を参考に自分で実践していく
  • 生徒同士でも相互フィードバックや情報交換などを行う
  • 分からない時はLINE@を通じて先輩にアドバイスをもらう
[/aside]

という流れで実践していきます。

 

参考にする教材と進め方は?

▼使用する教材

①まずは、クラウドソーシングという仕組みについて学びましょう。

クラウドソーシングのランサーズで、シングルマザーが月収28万円稼いで会社員時代の2倍の年収になるまでの話

 

②各週で使用する教材(WEBページ)を、各週のカリキュラムで説明しています。

※クラウドソーシング初心者ゼミでは、書籍は使用しません。

 

▼予定カリキュラム

1週目:クラウドソーシングサイトに登録してみる。

まずは、クラウドソーシングサイト「ランサーズ」に登録しましょう。

▼登録方法

ランサーズの登録方法

 

(1週目のアウトプット例)

  • 「これならできそう!」などの、動画を見た感想
  • 「登録したよ!」の報告
  • 登録するときにわからなかった箇所を相談し合う

 

2週目:タスク案件に挑戦してみる

プロフィールの登録が終わったら、まずはタスク案件に挑戦してみましょう!

タスク案件は、低報酬ですが初心者が「自分の力で稼いでみる」という経験をしやすい案件です。

ランサーズでどんな風に仕事を受注して報酬を得ることができるのか、タスク案件に挑戦してその流れを体験してみましょう。

(参考ページ)

タスク方式で依頼をさがそうタスク利用ガイド – 「作業編」

【ランサーズのタスク】で稼ぐために!5つのコツと7つの注意点

(2週目のアウトプット例)

  • こんなタスク案件があったよ!
  • タスク案件やってみたよ!の感想
  • わからないことを相談する

 

3週目:1週間の目標金額を決めて、タスク案件に挑戦してみる

最終週は、1週間の目標金額を決めて、タスク案件に挑戦してみましょう。

[aside type=”boader”]

「1,000円稼ぐ!」という目標だったら…

  • 100円のタスク×10件
  • 200円のタスク×5件
  • 500円のタスク×2件
[/aside]

(3週目のアウトプット例)

  • 目標金額500円にしたよ!達成するために、100円のタスク案件3つする!
  • 目標金額どうしよう…の相談
  • 達成できた!の報告

 

以上のような進行がおすすめです。

 

※予定カリキュラムはあくまで参考や目安です。チームメンバーでの話し合いや、個人の進行スピード、理解度などによって、各自調整しながら進めます。自分のレベルに合った目標を最初にスレッドに書き込んだり、ZOOMで決起会をやった時にみんなで目標を決めたりすると、進めやすくなります。

もちろん、

  • 忙しくて全然進められなかった!
  • 初めてのことで予想外に手間取ってしまった!
  • 1週目にやろうとしたことに3週間かかってしまった!

という場合もあると思いますが、自分のペースで進めるのが大事です。

 

周りもペースを強要せず、困っている人がいたら積極的にアドバイスをしましょう。アドバイスをする事自体で、自分自身が一番学びを得ることができます。

進められなかった人は翌月も同じゼミで頑張ればOK!もしこのゼミの内容が自分に向いていなかったと感じたら、翌月は違うゼミで別のことに挑戦してみましょう!

 

使用を推奨するツール

Facebookメッセンジャーのグループチャット⇒主に雑談や進捗報告、相談などに使います

ZOOM⇒全体の決起会で使います。ZOOMで顔合わせをして一度話しておくと、チャットなどで雑談や相談をしやすくなり、ゼミの充実度が上がります。目標の宣言なども効果的です。

Facebookのイベントページ⇒アウトプットの提出場所として使うことが多いです。

 

ゼミの参加方法とスタートの仕方

毎月作成されるゼミのイベントページに飛び、「参加表明」スレッドに自己紹介を書き込みます。

その後、運営によってチーム分けが行われ、チームごとのスレッドが作られます。

チームスレッドで、

  • メンバーの役割を決める(盛り上げ役!引っ張り役!情報リサーチ役!など、好きに決めましょう)
  • ZOOMの決起会の日程を決める
  • チャットグループを創るか?創らずに運用するか?創る場合は誰が創るか?
  • 1ヵ月後の目標とする姿や、1ヵ月間で何をどれくらい取り組むか?という目標数値を書き込む
  • 企業への提案文を作成したら、どこに公開して、どこに添削コメントを入れる?

などのルールや目標を話し合って決め、その後は自分で教材を見ながら実践を始めましょう。

 

基本的には

  1. 教材を読む
  2. 自分で実践する
  3. やってみたことを報告する
  4. 仲間とフィードバックをし合う
  5. 不明点や何をしたらいいか分からない場合はゼミ内で自分の状況を説明し、相談を投げかけてみる
  6. ゼミで言いづらいことやどうしたらいいか分からない場合は、LINE@に状況を伝えて相談する

という流れで進めることになります。

 

あと、雑談はできるだけ積極的にした方が、関係が深まったり、他のビジネスのアイデアが膨らんだりして効果的です。

ゼミの合間や終わる頃には、ペギー贈り合うこともお忘れなく。(枚数は気軽に1枚~でOK!決まりはありません。)

ゼミには「経験者」はいても「教える先生」はいません。全員が一緒に頑張る生徒です。基本的には自分で考えて、自分で調べるという習慣を大事にしましょう。

タイトルとURLをコピーしました