ゼミ名鑑20:情報商材販売初級ゼミ

ゼミ名鑑

ゼミの進め方全般については、こちらの記事をご覧ください。

 

このゼミは、どんな人にとっておすすめ?

このゼミは、こんな願望を持った方に向けたゼミです。

[aside type=”boader”]
  • 自分が持っている知識やノウハウを、動画やテキストなどの情報商材としてで販売したい
  • 自分の力で稼ぎたいけど、何からすればいいかわからない
[/aside]

 

ゼミでは、上記の人が1か月間で

「自分が持っている知識やノウハウを、情報商材(形)にする」

という状況を実現することを目指します。

 

※情報商材販売ゼミは、今までに自分が持っているノウハウや知識をコンテンツとして販売したことがない方向けの、超初心者ゼミです。

 

こんな人には、このゼミは向いていません。

[aside type=”boader”]
  • 既に自分が持っているノウハウや知識を、情報商材として販売したことがある
  • 既に自分が持っているノウハウや知識を、情報商材にまとめている
[/aside]

 

このゼミでどんなことを体験できるか?

このゼミでいちばん重要なのは、

「自分が持っている知識やノウハウを、どんな人向けにどんな内容で販売するかを決めること」

です。

 

これらの活動を、

[aside type=”boader”]
  1. 教材を読みこむ
  2. 教材を参考に自分で実践していく
  3. 生徒同士でも相互フィードバックや情報交換などを行う
  4. 分からない時はLINE@を通じて先輩にアドバイスをもらう
[/aside]

という流れで実践していきます。

 

参考にする教材と進め方は?

▼使用する教材

神速スモール起業
https://amzn.to/2CkQFgR

 

▼予定カリキュラム

基本的には、教材を参考にしながら各自で進めていきます。

  1. 自分が持っている知識やノウハウをどんな情報商材にするか、教材を参考に考える
  2. 競合をリサーチする
  3. 販売する情報商材のタイトルと目次(構成)を考える

悩んだことや困ったこと、参考になりそうな事例があれば都度共有していきます。

 

以下は目安です。

 

1週目:本を読んで「神速ミッション1」に挑戦する

参考教材部分

  • 本1冊全部を読んで、「情報商材を販売する」全体像をイメージしましょう
  • P227~P277を読んで最後の「神速ミッション【書く】」に挑戦する

1週目は、教材を全部読んで「自分が持っているノウハウや知識を情報商材で販売するためのステップ(全体像)」を掴みましょう。

全部読み終えたら、P277「神速ミッション【書く】」を書いて、グループ内で発表しましょう。

 

[aside type=”boader”]

(1週目のアウトプット例)

  • 教材読み終わった!
  • 困っている人がどうしても思いつかないから助けてほしい…
  • 神速ミッション完了!自分はこんな感じになりました!(内容発表)
  • その神速ミッションいいね!(ほかの人へのフィードバック)
[/aside]

 

2週目:競合をリサーチして共有する

1週目の神速ミッションで、【わたしのすきなこと・得意なことは◎◎です。その中で困っている人は◎◎です。】を完成させたと思います。

 

2週目では、1週目で考えた内容に近いものが既に販売されていないかリサーチしてみましょう。

[aside type=”boader”]

【リサーチする目的】

「既にほかの人が販売している商品で売れ筋ランキングに入っているもの=世の中のニーズ(需要)を満たしているもの」です。

 

自分が1週目に考えた商品と似たような商品が「売れ筋ランキング」にランクインしている場合、あなたが考えた商品も売れる可能性が高い、と考えられます。

その場合、売れ筋ランキングにランクインしている商品がなぜ売れているのか?自分のサービスとの違いは何か?を考えて、自分の商品に取り入れていきましょう。

 

反対に、自分が考えた商品に似た商品がほとんどない場合、「売れないからない」という可能性が非常に高いです。その場合、1からまた考えましょう。

[/aside]

 

まずは、現在売られている情報商材やサービス(売れ筋のサービス限定)の中で、自分が考えたものに似ているサービスがないかをリサーチしましょう。

[aside type=”boader”]

【リサーチするページ】

など、サービスや情報を個人が販売しているプラットフォームを色々と探してみましょう。

自分が企画したサービス周辺のキーワードを検索してみるのもよいかもしれません。

リサーチする方法自体も、みんなで探して共有すると効率が良いので、チーム内で情報をシェアしましょう。

[/aside]

 

リサーチできたら、グループ内で内容を共有してみましょう!

 

[aside type=”boader”]

(2週目のアウトプット例)

  • 似たようなサービス見つけた!
  • 検索の仕方がわからない…誰か助けて…
  • リサーチしたらこんなサービスがあったから、自分が考えたサービスのここを変更してみたよ!
[/aside]

 

3週目:情報商材のタイトルと目次(構成)を考えてチーム内で共有する

3週目は、実際に販売する情報商材のタイトルと目次(構成)を考えてみましょう。

タイトルと目次(構成)を考えたら、チーム内で発表してください!

余裕がある方は、どんどん自分が販売する情報商材を作っていきましょう。

[aside type=”boader”]

(3週目のアウトプット例)

  • タイトル、こんな感じなの動かな…?
  • 構成考えるのに、このページが役に立ったよ!
  • この有料noteが売れてるみたいだから、タイトル参考に考えてみた
  • そのタイトルと内容、すごくいいね!
[/aside]

 

以上のような進行がおすすめです。

 

上記は目安ですが、もちろん

  • 忙しくて全然進められなかった!
  • 初めてのことで予想外に手間取ってしまった!
  • 1週目にやろうとしたことに3週間かかってしまった!

という場合もあると思いますが、自分のペースで進めるのが大事です。

周りもペースを強要せず、困っている人がいたら積極的にアドバイスをしましょう。

アドバイスをする事自体で、自分自身が一番学びを得ることができます。

 

進められなかった人は翌月も同じゼミで頑張ればOK!もしこのゼミの内容が自分に向いていなかったと感じたら、翌月は違うゼミで別のことに挑戦してみましょう!

 

使用を推奨するツール

Facebookメッセンジャーのグループチャット⇒主に雑談や進捗報告、相談などに使います

ZOOM⇒全体の決起会で使います。ZOOMで顔合わせをして一度話しておくと、チャットなどで雑談や相談をしやすくなり、ゼミの充実度が上がります。

Facebookのイベントページ⇒アウトプットの提出場所として使います。

 

ゼミの参加方法とスタートの仕方

毎月作成されるゼミのイベントページに飛び、「参加表明」スレッドに自己紹介を書き込みます。

その後、運営によってチーム分けが行われ、チームごとのスレッドが作られます。

チームスレッドで、

  • メンバーの役割を決める(盛り上げ役!引っ張り役!情報リサーチ役!など、好きに決めましょう)
  • ZOOMの決起会の日程を決める
  • チャットグループを創るか?創らずに運用するか?創る場合は誰が創るか?
  • セールスコピーができた時に、どこでチームメンバーに共有するか?チャット内か、スレッドを専用に創るか?

などのルールや目標について話し合いを行い、その後は自分で教材を見ながら実践を始めましょう。

 

基本的には

  1. 教材を読む
  2. 自分で実践する
  3. やってみたことを報告する
  4. 仲間とフィードバックをし合う
  5. 不明点や何をしたらいいか分からない場合はゼミ内で自分の状況を説明し、相談を投げかけてみる
  6. ゼミで言いづらいことやどうしたらいいか分からない場合はLINE@に状況を伝えて相談する

という流れで進めることになります。

 

あと、雑談はできるだけ積極的にした方が、関係が深まったり、他のビジネスのアイデアが膨らんだりして効果的です。

ゼミの合間や終わる頃には、ペギー贈り合うこともお忘れなく。(枚数は気軽に1枚~でOK!決まりはありません。)

ゼミには「経験者」はいても「教える先生」はいません。全員が一緒に頑張る生徒です。基本的には自分で考えて、自分で調べるという習慣を大事にしましょう。

 

[btn class=”lightning”]ゼミ名鑑はこちら[/btn]
タイトルとURLをコピーしました